アートコーポレーションのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに アートコーポレーション について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 68件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 56.8 29.7 39.4
平均給与(万円/年) 376.9 402.8 48.4
有給休暇消化率 21.4 43.5 43.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残念ながら非常に残業が多い会社かもしれません。残業多いランキングで上位10%以内に入ってしまう可能性があります
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇については少し取りにくい会社である可能性が高いです。

アートコーポレーションに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、アートコーポレーションと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。アートコーポレーションの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

繁忙期には、残業時間が非常に長くなります。

voice

その理由は、定時から22時までの間の残業代や長時間残業などの給与が支払われないからだと思います。

voice

残業が多くて自分の時間が作れない。

voice

日給としては、重い荷物を持っていたので、体が鍛えられて、定刻8時間、残業5時間で、他と比べてもかなり良かったです。

voice

私がいた支店では、拘束時間15時間の日がデフォルトで、残業時間は余裕で120時間を超えていました。

voice

お店によっては少人数なので、仕事が溜まったり、残業時間が長くなったりすることもあります。

voice

女の子でも、電源のないバイトと一緒に現場を回れたり、毎日の残業が大変で家にいるのが5時間しかないからトラックで事故を起こすこともある。

voice

荷物の量によっては、夜遅くまで作業しなければならないこともありました。

voice

深夜に仕事が終わって帰宅できず、支店で寝ている人も珍しくありません。

voice

残業は時間通りであれば大丈夫なのですが、実際にはまだ余裕があるという考えなので、気がつくとギリギリの状態になっています。

voice

基本的な労働時間が長く、残業代の基準がやや難しいため、100時間程度の残業をしても給料はほとんどもらえません。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

問題は、その雰囲気のせいで、なかなか休みを申請できないことだと思います。

voice

支店によって違いはありますが、私がいたブロックでは残業カットが当たり前で、有給休暇も取れませんでした。

voice

希望通りの休暇が取れればいいのですが、私の場合、希望通りの休暇が取れたのは2割程度で、ほとんどの場合は希望通りの公休が取れませんでした。

voice

休みの日もお客様や支店から電話がかかってくる。

voice

休日が固定されていない、シフト制ではないので、休みがいつなのかわからない状態で働かなければなりません。

voice

辞めるときは消化させてくれるけど、それ以外は絶対にできない。

voice

繁忙期以外は自由に休めるので、冠婚葬祭や冠婚葬祭を見逃すことはありません。

voice

平日に休みがあるということは、考えようによってはどこに行っても混雑していないので、無駄なストレスを感じることもありません。

voice

もう少し休みを取って、社員をリフレッシュさせる必要があると思います。

voice

夏休みもゴールデンウィークもなく、休日には会社やお客様から電話がかかってきたりしていたので、正直、休んでいる気がしなかったので、ライフワークバランスが取れていないと感じて退職しました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。アートコーポレーションの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

給料は残業してもなんとか生活できるレベルだったので、もう少し給料が上がれば・・・。

voice

指定された成約率を維持できないと、アルバイトよりも給料が少なくなり、生活できない金額になってしまいます。

voice

基本給は上がらないので退職金は少なく、ボーナスは何年働いても変わらない。

voice

現地の給料は小切手で支払われ、給料日から3~4日遅れることが多かった。

voice

基本給が毎年上がるわけではないので、入社10年目になってもボーナスは初年度とほぼ同じ。

voice

現場作業員への報奨金は3~4ヶ月に1回、ボーナスは年2回。

voice

売上がなくても残業しても残業代が出るし、支店長が均等に配分してくれているのでボーナスがしっかり出る人もいるし、自分よりも高収入の人もいます。

voice

繁忙期には稼げますが、それ以外の時期は給料の少ない仕事をしなければなりません。

voice

田舎の支店の通常月の給料が低すぎる。

voice

アルバイトをしていたのですが、基本的には朝7時から出勤して夜まで働くことができ、日給がもらえるのはとても助かりました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。アートコーポレーションはどうでしょうか。

voice

肉体労働や朝の早起きが平気な人には特に良いとは思いません。

voice

肉体労働なので、体がこなせれば大丈夫ですが、繁忙期に腰を壊してしまうと、多くの人に見られてしまいます。

voice

時給1,000円というのは、とてもきつい肉体労働にしては少ない金額だと感じました。

voice

最近は改善されてきましたが、少し前までは労働時間が長く、精神的にも肉体的にも大変でした。

voice

多少のストレスはありますが、基本的には肉体労働なので、動けば忘れることができます。

voice

仕事が大変なのはわかっていましたが、思っていた以上に大変で、階段での作業になると重い荷物を持っていても走らせたり急かされたりして、作業中の雰囲気やムードが最悪でした...。

voice

社員の方と話す機会が多く、当時はライフワークバランスに満足している方が多かったです。

voice

家電製品の運搬は体力的にもかなりきついし、一般の人には難しい。

voice

朝は7時半からの出勤で、定時に帰ることはほとんどなく、22時頃に帰れるとしたら、一番早く帰れるのは23時頃になることが多かったです。

voice

3ヶ月間の研修期間の半分以上は繁忙期のため移動作業に費やしていましたが、研修開始直後から朝7時から夜9時頃までの肉体労働で、営業職に就きたいという志を持って入社した人にはキツく、そこで辞めてしまう人もいました。

voice

非正規社員だったので、シフトが自由に選べたので、ライフワークバランスがとても良かったです。

voice

かなりハードな仕事で体力的にも疲れましたが、自分が頑張れば、お客様だけでなく、現場のリーダーや作業員も自分の頑張りを評価してくれて、評価してくれるので、辛くても頑張れました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

初日は何も説明されず、質問すると、いつまでもキレて暴言を吐かれ、腕がバカなのか、足がバカなのか、止まることが許されませんでした。

voice

トラブルの対応が遅く、現地の管理職によるパワハラもあり、日本人社員の定着率が非常に悪かった。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

殴ったり蹴ったりなどの暴力はありませんでしたが、言葉の暴力は凄かったです。

voice

お客さんは心配してくれて許してくれましたが、いつ暴行を受けてもおかしくないような、本当にひどい職場でした。

voice

事務所にもよると思いますが、私のいる事務所は話を聞いてくれず、理不尽な要求ばかりしてきます。

voice

顧客満足度を重視するあまり、理不尽なクレームや要求にも思うがままに対応していることがよく見受けられます。

voice

暴力を振るうと体が強くなるとしか言いようがありませんね。

voice

アルバイトから正社員になる人は、理不尽な罵倒に耐えられる体力と忍耐力がない限り、絶対にお勧めしません。

voice

雰囲気が悪く、怒った声がよく聞こえてきた。

voice

仕事がなくても残業を強いられているにもかかわらず、みなし残業でプライベートの時間が削られることに不満を感じていた。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

全体的に体育会系の会社なので、とにかく残業が当たり前。

voice

ただの体育会系ブラック企業で、面白みもクソもない。

voice

体育会系なので、仕事というよりは部活の延長線上にあるような感じです。

voice

ヤクザの運送業なので、現場は完全に体育会系。

voice

完全に体育会系の家業で、世間とはかけ離れていると感じることもありますが、ノーとは言えない環境です。

voice

営業インセンティブ達成のノルマもかなり高く、上司や本部のツメが厳しかった。

voice

業界は業界だけあって、体育会系の人が多い。

voice

体力に自信がなく、精神的に弱い人はすぐにやめてしまう。

voice

販売手当にはノルマがあり、それに応じて増減します。

voice

ノルマを満たさないと大体マイナス2万くらい。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

自主退社時には「懲戒解雇」の扱いを受けた人もいた。

voice

私が退職した後は、管理職が交代したり、インセンティブがついたりして、私がいた頃よりも少し厳しくなったと聞いています。

voice

退職を考えるようになった最初の理由は、給料に不満があったからです。

voice

支店長や先輩に嫌われていると感じたら、退職や退職をおすすめします。

voice

退職してからも、当時の仲間との接点に感謝しています。

voice

離職率が高く、将来性のない会社を辞めました。

voice

その結果、体調を崩しがちになり、それがきっかけで急に体調を崩し、退職することになりました。

voice

今回、早朝・深夜が多くて家族との時間が取れないため、退職することにしました。

voice

ガテン系の人たちの集まりのような感じで、自分の性格に合わなかったので、会社を辞めることにしました。

voice

社風、待遇、人間関係、仕事内容に特に不満はありませんでしたが、勤務地が遠かったため、自宅から近い競合他社で働くことにして退職しました。

voice

正社員への道のりは非常に厳しく、正社員の営業マンでも業績が悪ければ退職を勧められるのでは?40代でも現場に派遣されて、まるで40代のように仕事をしている先輩社員を見て、この会社にはいられないと感じました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

繁忙期は新人さんと一緒に仕事をすることが多く、お客様とコミュニケーションを取りながら商品を販売するなど、事故には気をつけなければなりません。一歩間違えると怪我をしてしまうこともあるので、緊張感があります。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。