防衛省のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 防衛省 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 709件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 28.9 29.7 50.3
平均給与(万円/年) 423.3 440.2 49.1
有給休暇消化率 51.7 50.1 50.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

男社会や体育会系の雰囲気を気にしない女性であれば、まあ、なんとかなると思います。

voice

体育会系の雰囲気が酷く、上下関係が絶対的なので、気に入らないと疎外されそうなイメージ。

voice

明らかに、不合理で時代遅れの習慣や規律が少なからず存在しています。

voice

現場で活躍している空軍曹クラスの人たちは、世界の軍隊の中でもかなり優秀な部類に入るような気がします(軍隊とは言いませんが)。

voice

昭和になってから教え方が止まっているから暴力は当たり前だし、基本体育会系だから順応できれば耐えられる。

voice

完全に体育会系の社会なので、人としての教養や文明のかけらも期待しないでください。

voice

軍事組織ならではの派閥が作った仕事のやりにくさは残念である。

voice

体育会系の組織で何も考えずにうまく渡り合えるなら、これ以上の職場はないと思います。

voice

体育会系の人は人間関係が強いので向いていますが、文化系の人は窮屈です。

voice

誰もが知っている体育会系の団体ですが、私が入った当初は、かなり世間知らずなことが多かったように思います。

voice

根性があればできるし、社風、待遇、キャリアパスに問題はありませんでした。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。防衛省の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

夜中に不意に起こされることもあれば、朝の行軍から帰ってきて昼まですぐに片付けさせられることもあります。

voice

上記のように残業がない場合はまだ働きやすいですが、残業が多いところや上司の判断で決まるところもあります。

voice

早めに出勤していますが、残業が少ないので、ほぼ定時で帰れます。

voice

残業は多いですが、残業代は一銭も出ません。

voice

残業時間は部署によってかなり差があり、退屈していると定時を過ぎても誰も年を取らないところもあれば、日付が変わっても電気がついているところもあります。

voice

労働基準法は完全に無視され、残業代も出ません。

voice

残業の多い部署から少ない部署に行くと手取り10万くらいの手取りが減り、2~3万の収入が減ることも珍しくありません。

voice

残業は日常茶飯事で、暗黙の了解で朝早く出勤しなければならず、育児との両立が難しい。

voice

残業が多く、予算の都合上、残業代が出ません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。防衛省の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

地方で働くと基本給の20%になってしまうのが悲しい。

voice

公務員なので、毎年安定した昇給があり、ボーナスも4ヶ月分程度あるので安定しています。

voice

艦艇の乗組員として働けば、下っ端であってもそれなりの給料が期待できます。

voice

年を重ねるごとに自動的に給料が上がっていくので、よっぽどのことがない限りクビになることはありません。

voice

自衛隊でも再就職先を探すことはできますが、給料は月20万程度なので、働き方によってはアルバイトの方が高くなることもあります。

voice

自己破産もボーナスゼロもなく、ライフプランも立てやすい。

voice

給与は安定していて、とても良いです。

voice

基本的な衣食住には何もかからないし、休暇もしっかり取れるし、給料も安定しているし、ボーナスも年2回あるし、基本的な仕事は定時に始まり定時に終わる。

voice

それなりの給料、土日休み、ボーナス、食べ放題で良かったです。

voice

公務員の中でも特殊な職業なので、衣食住は全て無料なので、給料が安くても収入面ではかなり高いと思います。

voice

勉強ができて、お金ももらえるということで人気があります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

現場では、1日8時間労働が一般的であり、代休や年次(有給)休暇の取得も比較的容易です。

voice

研修などのイベントがない限り、年休の代わりに取得しやすく、上司からのお願いもあるので、福利厚生がしっかりしていて、そのようなところでは比較的自由な職場なので、現職の公務員の中では一番休みが取りやすいです。

voice

人が少ない部署では、有給休暇の取得率は0%。

voice

多くの人は、代休が積み重なってしまい、有給休暇が使えない。

voice

は人が多いので、会社と違って有給休暇が取りやすい。

voice

重要な仕事がなければ、いつでも代休や有給で休むことができます。

voice

子供の行事や病気などで休みが取りやすく、共働きの方には融通の利く仕事だと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。防衛省はどうでしょうか。

voice

現在ブラックで働いている方には、人生を変える経験としておすすめです。

voice

職務や異動などのタイミングや、前任者や周囲の状況によっては極度のブラック状態に陥りやすく、その状態がいつまで続くかによっては長引いて私生活を破壊されてしまう可能性があります。

voice

運動は大きくて、大きいと4日間くらいの肉体労働で、寝る時間もほとんど取れない。

voice

福利厚生は良いが、長時間労働が当たり前で、公務員だからといって定時に帰れない。

voice

基本的に体力的に厳しいので、体や心が弱い人には厳しいですね。

voice

相談できる相手がなかなか見つからなかったり、女性が少ないので、精神的にも辛く、我慢してしまうこともあるかもしれません。

voice

部隊や部署、個人の能力にもよるので一概には言えませんが、基本的には小隊の軍曹は定時で帰宅できます。

voice

過酷な上司と過酷なトレーニングの結果、腰や足の慢性的な痛みに悩まされていました。

voice

入社理由は、安定して定時に帰れることが一番の理由です。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、防衛省ではどのような現状でしょうか

voice

休職や定年後の再雇用制度など、多くの制度があります。

voice

第一線の部隊なので仕方がないのですが、それでも残業が多くて大変でした。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

訓練中にケガをした場合、医院などで無料で治療を受けることができます。

voice

うつ病や休職中の人も多く、組織の性質上、怪我をしたり、体調を崩したりする人も非常に多い。

voice

私は設備の不備で大怪我をしたのですが、入院中にフロアマネージャーが設備を配備して、フロアの100人に一人ずつ口を出して私の失態として処理してくれました。

voice

基地内の施設だけでなく、瓦礫撤去や道路工事、仮設住宅の設営などもあり、作業量が多い。

voice

病気やケガ、虫歯になってしまったときは、自衛隊病院で無料で治療を受けることができます。

voice

緊急事態があれば、夜中であっても、電話が鳴って、集合の電話がかかってくる(夜中であっても、どうしても基地に行かなければならない)ので、それだけが子供の頃の唯一の物足りなさを覚えていますが...。それが仕事だから仕方ないんだけどね。

voice

私は教育隊に配属されている間、負傷して陸軍を退職しました。

voice

怪我のため、他の部署や他の自衛隊の検査を希望したが、認められなかった。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

中にはエンデットと呼ばれる集中的ないじめや嫌がらせもありますが、ユニットの上司でさえ見て見ぬふりをしているので、ざっくり言うと幼稚園のようなものです。

voice

高校でいじめられっ子がいじめられっ子をいじめているようなものだ。

voice

後輩の中には、昔から先輩から受けていたようないじめを受ける後輩もいます。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

年配の方が多いので、パワハラやセクハラのような発言をする部隊もあるようです。

voice

たまたま私のいた部署がそうだったのかもしれませんが、ハラスメントについての研修が定期的に行われていました。

voice

任期満了で退職して17年ほど経つので今はわかりませんが、コンプライアンスやパワハラ防止の観点から階級制度がきちんと整備されているのか疑問です。

voice

一般的な会社では考えられないようなパワハラ上司がいます。

voice

私は今民間企業にいますが、民間企業に負けず劣らずのセクハラやパワハラを経験してきました。

voice

パワハラやセクハラに敏感になりすぎて、厳しい指導は難しい。

voice

あらゆるハラスメントの防止に積極的に取り組んでおり、前向きな姿勢を示しています。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

集団の中でのコミュニケーションや生活習慣が悪いと、周りから「コミュニケーションが苦手」「生活習慣が悪い」と言われてしまい、矯正を余儀なくされてしまいます。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

陸上(海軍や航空)の軍曹以上で退職すると、定年が早いので早々に一種の補助金(若年者退職金と呼ばれる退職金に加えて、総額1000万円以上)が支給されることになります。

voice

重い荷物を持ち上げるメンテナンスの仕事をしていたのですが、本来の仕事や配属ではなかったことと、腰痛に悩まされたことから退職を決意しました。

voice

退職金などは公務員としてしっかりしていて、定年後の生活に困ることはありません。

voice

暴力、飲酒運転、薬物などは問題なく、停職から自主的に引退するのが筋だろうが、しがみついていると、しばらくは昇進がなくなってしまう。

voice

任期満了で退職された方、ご本人の希望で退職された方、定年で退職された方は、知らないことが多くて大変だったと思います。

voice

デメリットの方が負担になって退職することになってしまったので、よく考えてみるべきだと思います。

voice

執行役員になりたいと思えば、いろいろなことを我慢できるのですが、特にやりたいこともなく、何となくここに来てみたのですが、やりがいを感じられず、自分の将来のためにならないと思ったので、辞めようと思いました。

voice

定年は一般的な企業よりも早い54歳前後に設定されており、定年後の再就職は非常に難しいのが実情です。

voice

私は引退しましたが、私の仲間は今でも国のために日々訓練を受けています。

voice

忙しい部署で、体調不良で辞めざるを得なかったのですが、メンバーから温かいお別れの言葉をいただき、紙一重だった私がこんな風に扱われるのかと思うと涙が出てきました。

voice

60歳までの所得保障を目的とした若年退職金がありますが、この金額は1000万を超えており、人生のセカンドキャリアのために早期退職(例えば50歳での退職)を希望する人がなかなか決まらず、止められない理由の一つとなっています。

voice

定年は他の仕事に比べて早いですが、退職金も多く、年金も充実しているので、定年後の生活に困ることはないと思います。

voice

怪我などをしていた場合、昇進試験などで不利になるので辞任せざるを得なかった。

目次に戻る

「法令遵守」のクチコミまとめ

法令遵守に関するクチコミをまとめています。法令遵守の姿勢が希薄な企業は関係者全てが不幸になる可能性もあるため、内容の把握をぜひおすすめします。

voice

隔離された駐屯地では犯罪の発生率が高く、逃げ場がありません。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。