日鉄ソリューションズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 日鉄ソリューションズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 66件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 32.4 29.7 48.9
平均給与(万円/年) 653.6 440.2 61.4
有給休暇消化率 70.2 50.1 55.7

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 比較的給与が高い会社です。平均給与の高さで上位20%以内に入る企業のようですね。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

日鉄ソリューションズに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、日鉄ソリューションズと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。日鉄ソリューションズはどうでしょうか。

voice

仕事は大変な時もありますが、ブラックというほどではありません。

voice

長時間労働が全社的な課題となっていたので、定時退社できる日ができました。

voice

さて、明日はブラック企業と2ちゃんねるで言われている面接があります。

voice

同世代や他の近い世代とのトラブルはありませんでしたが、過酷な労働環境に耐えられず、働いた時間に対する報酬も自分には不十分でした。

voice

プロジェクトマネージャーがしっかりとしたマスタースケジュールを作成し、適切な進捗管理を行えば、それほど悲惨な状況にはならず、大変な作業にはならないでしょう。

voice

あれだけ忙しい部署にいられるなら、それこそが華であり、ライフワークバランスを考えれば、普通に終電に乗れて、飲み会も週1回、土日も休めれば、この業界で活躍するには十分だと思います。

voice

管理職の女性を増やすための具体的な施策が提示されていないので、定時退社推奨日のような「パイ・イン・スカイ」になってしまうのではないでしょうか。

voice

フレックスを使わないとやる気が出ない若手社員は何人か知っていますが、毎日お昼に出勤して定時退社している人も何人か知っています。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。日鉄ソリューションズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

上司がひどい人だったら、5時間以上、夜遅くまで会議をしている人たちがいました。

voice

就業時間は参加しているプロジェクトの状況によって異なり、多忙な場合は残業が多くなります。

voice

就業時間はプロジェクトによって異なりますが、一般的には月に20~40時間程度の残業がありました。

voice

多くの現場では、業務量が多く、残業も多い。

voice

労働組合を通じ、残業時間の削減や連休の取得促進などの施策を実施しています。

voice

就業時間は長いですが、残業代は支給されました。

voice

残業に関しては、10時以降の残業禁止やノー残業デーがありますが、あまり浸透していません。

voice

繁忙期などというものはなく、入ってくる案件にもよるので、運次第ではありますが、土日に仕事をして夜遅くに帰ってくるのが当たり前のようになっていることが多いです。

voice

具体的には、過大な残業の禁止、土日出勤の廃止(必要に応じて上層部の許可が必要)、メンタルサポートの充実などが挙げられます。

voice

最近では夜10時にはビルの電気を消すなど、長時間労働を強いられない環境づくりをしており、改善されてきていると感じています。

voice

部署によって大きく異なりますが、私が所属していた部署は残業時間がかなり短く、全体的にワークライフバランスが取れていました。

voice

配属された部署によっては、残業時間が短くなったり、有給休暇が取りやすくなったりするようです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

夏休みは自分の年休を使わないといけないので、初年度から20日の年休がもらえます。

voice

有給休暇は成果が出ていれば取りやすいと思いますが、成果が出ていないと取りにくい雰囲気があります。

voice

正社員の有給休暇取得を奨励しているので、派遣社員も有給休暇の申請がしやすかった。

voice

年に1回、最大で9連休を取得する部署があるため、有給休暇の取得率が高く、部署やプロジェクトによっては労働時間が安定しています。

voice

よほどのわがままでない限り、有給休暇の申請を断られる上司はほとんどいないでしょう。

voice

有給休暇の取得のしやすさは、上司の理解度やPJの進捗状況などにもよりますが、一般的には、取得したいからといって拒否されることはないと思います。

voice

リフレッシュ連休9連休という制度がありますが、これは消化率も測定されているので、ほとんどの人が取得しています。

voice

以前は有給休暇の取得が非常に難しかったのですが、部署やお客様によっては全くハードルなく取得できるようになり、5~6年ほど前には有給休暇の取得率が部門の評価対象となり、非常に使いやすくなりました。

voice

年休を100%取得している人もいれば、全く取得していない(できない)人もいて、まだまだ改善の余地があると感じています。

voice

忙しい部署では、有給休暇がほとんど取れず、代休も十分に取れないようでした。

voice

有給休暇の取得を奨励していますが、残業規制もプロジェクトや担当者によって取得しやすさが異なるため、形だけのものとなっています。

voice

取得していない場合は取得のスケジュールを組むように指示されますし、スケジュールが古くなっている場合は更新するように指示されます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。日鉄ソリューションズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

勤続年数に比例した昇給もあれば、前年の実績に応じた昇給もあり、それらを全て平滑化した場合、毎年40~50万円程度の昇給が見込まれます。

voice

ボーナスも事業部の業績を反映しているので、儲かっていない事業部の方がボーナスが少ないのは、平均的な従業員には不公平なようです。

voice

福利厚生が充実しているようですが、すでに給料が高いのであまり気にしたことがありませんでした。

voice

業界全体から見ても、給料は高い方だと思います。

voice

残業が少なすぎて、給料が低いと感じたこともありました。

voice

若い人は、同世代の中では給料がほとんど変わらないので、仕事へのモチベーションが上がりにくい。

voice

評価による給料の差は、優秀な人とそうでない人とではあまり差がなく、不公平です。

voice

良くも悪くも、いわゆる「ノルマ」へのこだわりが少なく、予算削減だけで給料が大幅に減ることはない。

voice

SI業界では給料はかなり良いと思います。

voice

初めてもらったボーナスは額面では大した額ではありませんでしたが、学生時代にあまりアルバイトをしていなかった私にとっては、大金が入ってきたような気がします。

voice

課長までの昇進に差はなく、給料は高収益部門と比べても遜色ないので、まともなボーナスをもらって深夜勤務するのが普通だと思っておいた方がいいと思いますが、規定はありますが、基本的には自分で中身をつけてもいいと思います。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

新日鉄住金ソリューションズもセクハラで告発されていますので、調べてみてください。

voice

部署によってはパワハラのレベルが非常に高く、モラルに欠ける上司が多い。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

今はどうかわかりませんが、当時は強制的な社員旅行はありませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

新日鉄(現新日鉄住金)の直系企業なので、体育会系な雰囲気ですが、研修制度は充実しています。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

早期退職制度が適度に整っていて、給料をもらいながら転職することができ、退職金も優遇されていました。

voice

まあ、言い方を変えれば、早期退職支援制度と表裏一体の精度なので、年寄りを早期に出して、PLやPMとして正社員の質を高めようという会社の意図が見えてきますね。

voice

若い人たちに仕事の裁量権があまり与えられておらず、自分自身が付加価値をつける機会が少ないと思うので、私は退職します。

voice

精神的に復職できない時も、体調不良のまま会社を辞めずに済むように、丁寧に復職プログラムを組んでくれました。

voice

にも様々な給付金や確定拠出年金などもありますので、在職中や退職後の計画を立てる際の基礎となります。

voice

私は仕事の量や給与体系に満足できずに退職したので、事業部ごとの違いをしっかりと理解してから転職することをお勧めします。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。