ディスコのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ディスコ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 20件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 39.7 29.7 46.0
平均給与(万円/年) 469.4 440.2 51.6
有給休暇消化率 42.5 50.1 47.8

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業はやや多めでしょうか。残業多いランキングで上位30%以内といったところでしょうか 。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • やや有給休暇が取りにくい会社かもしれません

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ディスコの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

固定残業だったので、残業しなければならないとなると、会社にとっては非常に不利益になります。

voice

裁量労働制のため、残業という概念はありません。

voice

管理職が率先して残業し、非効率を労働時間でカバーしようとする悪循環。

voice

労働時間は残業とみなされるので、一日の終わりまで働いても給料は変わりません。

voice

残業代は裁量労働制の給与と相殺され、22時以降しか支給されないので、月に10日あっても月給+1~2万円しかもらえません。

voice

今は少し厳しいようですが、残業が多いです。

voice

ノルマがあったり、決まった日に広告を配信しなければならないので徹夜することもありましたし、土日に仕事をしなければならないことも多かったです(今はだいぶ改善されたようですが)。

voice

必要のない会議が極端に多く、残業は慢性的に深夜まで続く。

voice

女性が夜遅くまで働くのは当たり前。

voice

分、繁忙期には採用活動により休日出勤が必要な場合もあります。

voice

残業する人も多いですが、仕事が終わればいつでも帰れる雰囲気があります。

voice

業者は繁忙期に残業して稼がなければならないようなものです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

繁忙期には、2週間の休みがないことも珍しくありません。

voice

補償休暇や有給休暇は取れましたが、時間がなくて(これも最近は流石に改善されてきているようですが)。

voice

みんな時間通りに終わり、支店長の出張や休みの日には飲みに行ったりしていました。

voice

子供ができる年齢になる前に、様々な理由で転職した人も多いようです。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ディスコの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスは年4回あり、正確に達成すればその都度基本給の1.0~1.5倍の年収500万円を超えることができます。

voice

定期昇給もありますし、当時のボーナスは年4~6ヶ月(ピーク時は12ヶ月だそうです)だったので、悪くないです。

voice

給与・ボーナスについては、社会全体の平均よりも良いのが魅力です。

voice

ボーナス査定は、良くも悪くもセンター付近で多く達成してもB+程度に留まる。

voice

ボーナスは夏と冬の2回あり、新卒にしては十分でした。

voice

残業は少しありますが、給料は良いので、そんなに大変ではありません。

voice

入社当初は採用ブームで業績も良かったので、ボーナスを含めれば500万前後の収入だったが、リーマン以降は急激に収入が減り、最終的にはピーク時よりも100万ほど減ってしまった。

voice

現在、5年ほど前から昇進が止まっており、ボーナスもまばらにしか出ていないようです。

voice

大都市圏と地方では給付金が異なるため、給付金の高い大都市圏の方が年収が高くなります。

voice

頑張った分だけ正当に評価され、給料が上がることもあります。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ディスコはどうでしょうか。

voice

定時に早く帰れない雰囲気があり、平日は仕事が終わってからの予定が立てづらかったと思います。

voice

繁忙期以外は、時間通りに帰宅しても何の問題もありませんでした。

voice

多面的な評価制度がありますが、上層部になるとブラックボックスになってしまい、どうなるのかわかりません。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

(もちろん断ってもいいのですが、断ったら裏で話をされて村スレのような扱いをされてしまい、「この人は付き合いが悪い」「だから売れない営業マンなんだ」と言われてしまいます)。

voice

真面目な人が多いので、社内でいじめがあったという話は聞いたことがありません。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

暴言や暴力に近い行為は課長が行い、上の人は笑って見て見ぬふりをする。

voice

パワハラも多く、それが原因で辞めていく人が多かったのを覚えています。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

営業マンの指示の仕方は非常に大雑把で、自分の考えで進めると必ず叱責される。

voice

パワハラなどで辞めていく人は意外と多いですが、特に加害者への処罰がないので、その点はどうかと思います。

voice

理不尽な評価はあまりなかったと思います。

voice

全てが理不尽かどうかはわからないので何とも言えません。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

まず、社内の雰囲気が体育会系そのもの。

voice

ここ数年の営業部では、体育会系とは正反対の雰囲気を感じていました。

voice

旧態依然とした社員が多く、営業以外の社員の社内政治が面倒。

voice

体育会系の人が多く、暑すぎず、人情味のある人が多かったので、困ったことがあれば相談して頑張ろうという気持ちになりました。

voice

中途採用でも待遇が良く、社内政治に長けていれば比較的楽に過ごせる。

voice

かなり古い体育会系で年功序列なので、実力主義の昇進は少ないと思っておいた方がいいでしょう。

voice

もちろんノルマはありますし、達成するのは簡単ではありませんが、頑張れる人には良い環境だと思います。

voice

メンタルや能力がなくても、同じようなことをのびのびとやっていきたいという方にはピッタリです。

voice

トップダウンのため(社長に意見を言う人が少ない)、ニーズに合わない商品を売らざるを得ず、ノルマを課せられている。

voice

学生時代に部活や課外活動で上下関係を経験していないと、厳しい環境です。

voice

比較的フラットな組織で、厳密な階層構造ではありません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

スキルアップのために転職しましたが、仕事が単調だったので辞めました。

voice

大きな不満はありませんでしたが、同じ仕事に飽きてしまったので、違う会社を見てキャリアを考えたいと思い、退職を決意しました。

voice

離職率が高く、40代後半から50代の人は待遇が良くて退職しないし、役職に空きがないから昇進できない。

voice

退職金制度が非常に弱く、長く働くことに不安を感じていた。

voice

上司に転職や退職を相談した際にも、親身になって話を聞いてくれた気がします。

voice

転職して入社したのですが、前職での経験が原因かと思ったら、前職での経験をサクサクやって、それが終わったら捨てることを目標に退職するように勧められました。

voice

営業職としてキャリアを積むには悪い環境ではありませんでしたが、自分の営業に対する認識が甘く、モチベーションをお金に変えることができなかったため、退職を決意しました。

voice

給与体系や福利厚生などハード面では優遇されているが、キャリアアップのための社内研修や研修制度、キャリアパスなどソフト面での環境整備が退職抑制のカギとなっていると感じた。

voice

新しいメディアのプロジェクトを企画したのですが、採用が決まった途端、会社から退職を勧められました。

voice

毎月数名の退職者が出ているので、制度を根本的に変えるべきだと思います。

voice

配偶者の転勤があり、通勤可能な支店がある場合は、通常であれば退職しなければならない場合でも、転勤や契約社員として雇用されることがあります。

voice

東京では、人手不足で一人一人の仕事量が増え、激務のために退職せざるを得なくなった人もいる。

voice

今後、業界全体が縮小していくのではないかと不安になり、退職しました。

voice

退職後もボーナスが年8ヶ月分支給されるなど、金銭面ではかなり恵まれていると感じています。

voice

教育事業の影が薄くなり、ライバル企業の台頭で、派遣社員やアルバイトは全員クビになった。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。