スタンダードのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに スタンダード について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 4件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 29.5 29.7 50.1
平均給与(万円/年) 397.5 440.2 47.7
有給休暇消化率 50.0 50.1 50.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

スタンダードに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、スタンダードと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

一身上の都合で引っ越しのため退職しました。

voice

他の人の離職理由としては、以下のようなマイナス要因が考えられます。

voice

一刻も早く店長に昇格して状況を改善しようと考えたが、このような状況では店舗で働くモチベーションが上がらず、転職を考えて退職した。

voice

上司との関係が悪化したため、退職を決意しました。

voice

遠く離れた学校に通うために退職しました。

voice

人手不足の中での退職ということでご迷惑をおかけしたと思いますが、気持ちよく送り出していただきました。

voice

退職率を下げるには、給与ベースの引き上げや収支の見直しが必要になるかもしれない。

voice

その結果、給与体系の見直しの責任を経営側から現場に押し付けられ、多くのお金を消費してしまい、会社の方向性に不安を感じ、退職を考えました。

voice

私は退職したのが少し残念なくらい良い会社だと思うので、ストレスなく洋服販売の仕事をしたいならオススメですよなので、ストレスなく服を売りたい人にはオススメの会社です。

voice

正社員になれば退職金制度があり、福利厚生も充実しています。

voice

新卒で入社しましたが、同期の女性社員2名が半年1ヶ月の研修で辞めてしまいました。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

週休二日制で有給休暇も取得できました。

voice

年間休日は124日で、半数以上の社員が取得できています。

voice

希望すればアルバイトの中で管理職に昇格しやすく、有給休暇も希望すれば取得できるので、条件自体は良いと思います。

voice

休暇については、年間120日以上あり、満足していると思います。

voice

他のカラオケ店に比べて休日が比較的多い。

voice

ほとんどの店舗がアルバイトで運営されているため、夏休みや年末などの長期休暇を利用してお休みを取ることができ、連続して勤務している方も多いです。

voice

サービス業なので、土日や繁忙期は休みが取りづらいですが、同業の中では福利厚生がしっかりしているので、比較的休みが多かったです。

voice

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆、誕生日などの休日の部分はとても充実していて、その部分はとても良かったです。

voice

休みの日でもクルーから様々な用件で電話がかかってくるので、店長などが休日出勤してサービスに来ているのをよく見かけます。

voice

アルバイトの管理が難しく、従業員が一人の店舗では休みが取りづらいこともあります。

voice

基本的にはシフト制の勤務になりますので、土日休みはありませんが(店舗勤務の場合)、自分のスケジュールを立てやすいので、現在の雇用条件を確認して、休み日数や勤務条件、昇進制度などを確認してから応募するのが良いと思います。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。スタンダードの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

月9日の公休、実働8時間、残業は月20時間までと、プライベートも充実させやすい社風です。

voice

流石に数人はいるし、残業代が出ないからといって長時間残業する人もいたのは事実。

voice

月に8~9日の休みがあり、残業が30時間を超えると怒られます。

voice

残業時間は30時間、繁忙期は50時間または60時間。

voice

深夜・残業は会社で規制されているので、長時間の残業や過度な深夜労働はありませんが、アルバイトの在籍状況によってはタイムカードを切らずに働くこともあります。

voice

過剰な残業で上司から厳しく批判された管理職もいます。

voice

以前は、いわゆる「ホワイト企業」と呼ばれるように、社員に厳しいスケジュールで休日出勤を義務づけていましたが、最近では、36協定などの労働基準法を遵守するために、公には言いませんが、休日出勤やサービス残業が当たり前になってきています。

voice

親会社が変わって、労働環境がかなり改善されたので、残業が少なくなりました。

voice

その日の明け方や早朝まで仕事をしていることが多く、休日と言えば、ほとんど寝ている状態です。

voice

10~30分、時には1時間程度のサービス残業もありました。

voice

月9日の公休、夏季休暇、冬季休暇、1日8時間の実働、月20時間までの残業など。

voice

残業は給与に反映されるので、36協定の範囲内で残業をしなければなりませんが、労働基準法の範囲内でしっかりと退社できるのであれば、ワークライフバランスは十分に取れていると思います。

voice

女性が肉体労働や深夜労働をするのは大変だったのかもしれません。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。スタンダードの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

業績が悪くてもボーナスが年2回支給されているのは業界では珍しいと思います。

voice

昇給は年1回(4月)ですが、管理職や社員レベルの給与は大幅な上昇は期待できません。

voice

最低保証額が設定されているボーナスについては、確実に受け取ることができる点が評価できます。

voice

役職手当は雀の巣であり、もっと責任ある立場の人にはそれくらいの給料を払うべきだと感じています。

voice

もちろん、その分責任や裁量は大きくなりますが、一般社員~店長との給与差はせいぜい5万程度。

voice

今は知らないけど、お正月みたいなイベントに出勤したら、たぶんボーナスが出たんだと思う。

voice

時給制だったので、お客さんが何人来ようが何人来ようが給料は同じでした。

voice

残業してもみなし残業として支払われる場合は、事実上残業代は発生しません。

voice

売上達成率トップの店長にはボーナスがありました。

voice

主に雑誌の撮影やプロモーションビデオの撮影でしたが、監禁時間が長く、給料も薄く、福利厚生もあまり良くなく、かなりハードな仕事だったと記憶しています。

voice

筆記試験のようなものがあり、それに合格すると給料がどんどん上がっていくのですが、そうするとアルバイトのリーダーに推薦され、アルバイトでも正社員と同じ仕事をしてもらうことになります。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

会社の飲み会はパワハラだらけで、コンプライアンスの窓口は事実を擦り潰すだけだった。

voice

部署の担当者のパワハラを黙っているのはよくない。

voice

業界の性質上、酔っ払いのナンパやセクハラなど、女性ならではの苦労が多い。

voice

男性目線で、上から目線のタッチで可愛い女の子を前面に出すという、女性差別的なアプローチがありますが、それは公式のセクハラだと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。スタンダードはどうでしょうか。

voice

店長以上はやりがいを感じるかもしれませんが、アルバイトの労働基準法違反だけでは難しいと思います。

voice

社宅は社員同士で使うものなので、定期的に掃除をしない人を狙うとかなり悲惨なことになります。

voice

店長室では1週間交代で定時報告をしなければならない週もあります。

voice

入社して2年ほど経ちましたが、売上の減少に伴う人員削減により、長時間労働や業務の多様化を余儀なくされ、肉体的にも精神的にも厳しい環境に置かれていました。

voice

お店にもよりますが、あまり混んでいなければ時間通りに帰ることができます。

voice

忙しい時以外は時間通りに帰らなければならず、その時は趣味や勉強に専念できました。

voice

上から見られても下から見られることを覚悟しているので、強い精神が必要なようです。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

最終面接に遅刻したり、書き直した履歴書がまだ雑だとレクチャーされたこともありましたが、丁寧に対応していただきました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

上層部は体育会系のノリなので。

voice

根性論で経営しているような気がしました。

voice

トレーニングは少し軍国主義的というか、体育会系な感じがします。

voice

心理学や自分の成功体験をもとに、無駄に部下に結果を要求する上層部も多く、基本的には精神的に追い詰めて、明らかな理由もなく無駄に仕事をしている人がほとんどです。

voice

人の面では、中の人は静かな人が多く、営業部は思いやりがありますが、体育会系の人が多いです。

voice

サービス業なのでクレームはあるが、厳しいノルマはないので安心。

voice

客引きだったので、一日のノルマさえクリアできれば、あとは楽勝でした。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。