りらいあコミュニケーションズのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに りらいあコミュニケーションズ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 611件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 東京都平均 偏差値
平均残業時間(月) 24.3 29.7 52.1
平均給与(万円/年) 390.9 440.2 47.4
有給休暇消化率 69.7 50.1 55.6

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある東京都のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与はやや低めでしょうか。平均給与ランキングだと下位30%以内に入ってしまうかもしれません。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

りらいあコミュニケーションズに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、りらいあコミュニケーションズと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。りらいあコミュニケーションズの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

残業が少ないので、仕事が終わった後の予定も立てやすく、生活のリズムが整いやすいです。

voice

保険業務の中には、長時間の残業が発生するケースもあります。

voice

アルバイトだったので、残業もなく、労働時間に不満はありませんでした。

voice

残業時間は月に決められており、厳しく管理されています。

voice

残業代はしっかりと支払われていましたが、残業はグループリーダーの仕事量の管理能力に左右されることが多かったです。

voice

非正規社員であっても、給与はそれなりに安く、残業や休日出勤もあまりないので、環境を活かして長く働く人もいます。

voice

センターによっては残業をお願いすることが多いので、自分の都合の良い時間帯や時間内で働けるセンターを選ぶようにしましょう。

voice

業務の性質上やむを得ないことではありますが、繁忙期の影響で残業時間が爆発的に長くなるケースもあります。

voice

基本的に残業はできないというか、残業ができないようにシフトが組まれているので、メインの時給が支払われるまでは完全に貧乏生活になってしまいます。

voice

繁忙期や立ち上げ時には、一時的な残業が発生する場合があります。

voice

残業はほとんどなく、仕事は仕事として割り切れる。

voice

私が働いていた部署では、残業を求められましたが、強制されたことはありませんでした。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

評価の多くは定性的なものが多く、階層的なものもあるかもしれません。

voice

私がいた頃はそれほど壁がなく、開放感があり、学校のような雰囲気でしたが、最近は少し厳しさが増し、上下関係が重視されるようになってきたと現職の方がおっしゃっていました。

voice

管理職の方が私たちのメンタル面を気遣ってくれていて、注意されても怒鳴られたことはありません。

voice

とにかく仕事をして数を増やし、いつか時給の高い派遣会社に転職することを夢見ています。

voice

正社員になれなかったら福利厚生どころかノルマ地獄だよ。

voice

もっと体育会系で無茶苦茶な電話をしてくるのかと思っていましたが、そんなことはなく、とても丁寧に対応してくれました。

voice

ノルマやストレス、人間関係など色々ありましたが、正社員であれば耐えられたと思います。

voice

コールセンターのアウトバンドにしては、ノルマが半端ない低時給でした。

voice

管理者がメンタルケアなどのサービスを提供しており、人間関係はとても風通しが良い。

voice

基本的には、上司、コンタクトセンター長、管理職を含めて全員が「ミスターゼロ」と呼んでいるので、変な上下関係はありません。

voice

ノルマもなく、毎日電話に出てくれる個人プレイヤーなので、同じクラスでなくても仲良くなれます。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇は全て取得できましたし、小さなお子さんがいる主婦の方にも働きやすいと思います。

voice

子供の病気で緊急事態もありますが、仕事をしていれば、遅刻や早退、急な休憩などもしやすいです。

voice

リフレッシュ休暇は前月に申請すれば取得可能です。

voice

しっかりとした有給休暇制度があり、週休2日制で、有給休暇はきちんと使わないと失効してしまうという通達もありました。

voice

社保にも加入しているので、その点では良いと思いますし、半年以上の勤続で有給休暇も取得しやすかったです。

voice

有給休暇については、パート社員は取得しても8時間の有給休暇がもらえないというデメリットがあります。

voice

電車の遅れは給与から天引きされ、人手が足りないため、休暇の申請は高熱が出た時にしかできませんでした。

voice

有給休暇は自由に使えますし、消化率も100%に近いでしょう。

voice

産休や有給休暇の取得可否については具体的な発表がないため、積極的に問い合わせをする必要があります。

voice

退職しても有給休暇は使えました。

voice

社員だけでなく、契約社員やパート・アルバイトも規定(労働日数など)を満たせば保険に加入でき、有給休暇も取得できるなど待遇が良かった。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。りらいあコミュニケーションズの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

サービス残業もなく、営業もなく、インセンティブもなく、営業手当もないので、いつも通りの残業代がもらえます。

voice

残業代は5分単位で支払われ、働いた分しかもらえませんでした。

voice

時給なので、責任の大きさの割には給料が安いと思います。

voice

上場しているので給料が高いと思っていたのですが、勘違いでした。

voice

当時は30時間までは残業代が含まれていたと思いますが、30時間以上の残業になる場合は上司に申請し、それが認められれば全て残業代として給料が保証されていたと思います。

voice

オペレーターとして働くには良いかもしれませんが、責任ある立場としての福利厚生はオペレーターの給料にはかなわないでしょう。

voice

インセンティブがなく、いくら稼いでも給料に反映されないので、モチベーションを維持するのは難しいかもしれません。

voice

派遣会社によって給料が違うので、同じ待遇でも同じ仕事量でも給料が違っていました。

voice

慣れてしまえば簡単な作業なので、その分お給料も良いです。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。りらいあコミュニケーションズはどうでしょうか。

voice

コンプライアンスがしっかりしている会社なので、残業代は全て支給されますし、ブラックな臭いは全くありません。

voice

毎日、毎日のように誰だかわからない人から電話がかかってきて、「お前はバカだ」などと言われて、精神的に嫌な気分になることもありました。

voice

独学を口実に暇な時間に何もしない環境に身を置くのは精神的にも肉体的にも苦痛だったので、ストレスを考えるともう少し時給が高ければ良かったかなと思います。かもしれません。

voice

コールセンターのオペレーターだったので、勤務していた会社の営業終了時間には定時で帰ることができました。

voice

座り仕事ですが、喉や耳に負担がかかるので、それなりの覚悟が必要です。

voice

お客様の意見に文句を言われることが多く、言葉で罵倒されるのは精神的にも辛いですが、対応することでお客様を落ち着かせることができた時にやりがいを感じます。

voice

業界的に新規開拓のチャンスが少ない部署で、毎日のように仕事終わりに飲みに行っていた同僚がいました。

voice

朝9時の定時から、新しいブースの設営などで22時頃まで働いていたと思います。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、りらいあコミュニケーションズではどのような現状でしょうか

voice

体調不良で休む上司が多く、自分もそうなってしまうのではないかと心配していました。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

セクハラについての問い合わせ先があったのですが、正直、まともな使い方とは思えません。

voice

お客さんも、電話だからといって無視して暴言を吐く。

voice

入社後のオリエンテーションの際に、一般常識やセクハラについての項目があれば良いと思います。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

毎日の電話対応、理不尽なクレーム対応などで解決できなかったことがあります。

voice

大手家電メーカーの契約者としては、理不尽なことがあっても、必ず相手の言うことを聞かなければなりません。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職はスムーズに進み、大きな問題もなく円満に退職することができました。

voice

私が勤めていた部署は、特殊なクセのある人が多く、まともな人はみんな異動や退職になってしまいました。

voice

精神的なプレッシャーを知っていながら何もしてくれない上司に絶望と嫌悪感を感じ、人間関係もボロボロになっていたので、退職を願い出て退職することができました。

voice

私がいたブースでも、私を含めて何人もの人が体調不良で退職していました。

voice

定年を迎えた今でも、同じブースで働いていた人たちとは交流があります。

voice

辞めた理由は、主に事業の将来像が見えていなかったからです。

voice

残業が多く、体調を崩したり、嫌気がさして退職したりしたことが今では懐かしい思い出です。

voice

退職理由は、待遇が良く、拘束されていた時間の割にはしっかりと給料が支払われ、残業代もしっかりと支払われていたからです。

voice

昼間の仕事のシフトが変わってしまったので無理矢理辞める形になってしまいましたが、辞めて良かったと素直に思っています。

voice

時給と仕事内容のバランスが悪く、辞めたいと思うほどでした。

voice

退職理由は、人間関係や給与などにあまり不満がなかったのですが、結婚して子供ができたことと、正社員になれる可能性が低く、将来性があまり感じられなかったことが退職理由です。

voice

個人的には、コールセンターのテレマーケティングの仕事が合わず、スキルがないので退職を考えました。

voice

時給制で働いていましたが、どう考えても仕事ができない人が自分よりも高い時給で働いていることに納得がいかず、単純に配属された時の時給水準が高かったこともあり、辞めることにしました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。