アストラゼネカのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに アストラゼネカ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 118件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 28.5 29.7 50.5
平均給与(万円/年) 719.8 402.8 69.6
有給休暇消化率 58.0 43.5 54.0

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 非常に給与水準に恵まれている会社のようです。平均給与の高さで上位10%以内に入る可能性が高そうです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

アストラゼネカに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、アストラゼネカと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

もちろん、福利厚生や休日の補填もあります。

voice

有給休暇の取得については、有給休暇も取得させたいという雰囲気があり、誰も文句を言わない。

voice

事前に申請すれば問題なく長期休暇を取ることができます。

voice

有給休暇の取得理由は不要で取得できるというのがルールですが、管理職からの依頼が多く、長期の有給休暇の取得などは難しいです。

voice

上司にいちいち理由を言わないと、平日に有給休暇を取るのは難しい。

voice

勤務地や上司によって大きく左右されると思いますが、私は有給休暇がわりと取りやすかったです(さすがに、コ・プロデューサーとの合同会議に影響が出るようなスケジュールでは、冠婚葬祭以外の理由で有給休暇を取ることはできませんでした)。

voice

有給休暇も取りやすいので、計画的に訪問して目標を達成すれば、休みも取りやすいですよ。

voice

有給休暇を消化できるように、支店・営業部・部門別に一斉休暇を設定しています。

voice

有給休暇は取りやすいと思います(上司の雰囲気&職場の雰囲気のせいでしょう)。

voice

有給休暇の取得を奨励してくれるとありがたい。

voice

有給休暇は全体的に数日確保しておくと取得しやすいかもしれません。

voice

有給休暇はいくらでも取得できますし、毎年使い切る人もいます。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。アストラゼネカの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

会社自体も残業時間の削減に取り組んでいるので、繁忙期に残業しても余裕のある15時には退社して、自分の趣味(コンサートに行くなど)を楽しむことができます。

voice

製薬業界全体としては、医師の接待が解禁されたので、深夜の接待や昔の休日のゴルフは無くなると思います。

voice

講演会などで遅くまでお世話になる場合のベビーシッター。

voice

当時は労働組合がなかったので、いくらでも遅くまで働けました。

voice

休日出勤がないので、その辺はとても満足しています。

voice

上司がいかに自分に理解があるかという話ばかりだと思っていても、実際には案件獲得や面会率などで忙しくて残業しなければならないほどで、ワークライフバランスが取れなくても問題ない方や、家族のサポートがあって夜遅くに帰宅しても問題ない方、子供を犠牲にしてでもキャリアアップしたいという方にはおすすめの会社です。バリバリ働きたい方にはピッタリの会社です。

voice

最近では、条件はあるものの、残業代が支給されるようになりました。

voice

育児やプライベートで残業が免除される人がいると、周りの残業負担が増えるような気がします。

voice

臨床部長室や薬事課など一部の部署では残業時間がひどい。

voice

問屋さんとの打ち合わせで朝7時に出社して、夜の講演会で11時に帰宅して、翌朝早く帰宅して生産性を下げることも珍しくないので、ある程度のコントロールは必要だと思います。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。アストラゼネカの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

期の途中で社内の給与・ボーナスの仕組みが変わる。

voice

初任給は他社と同等かそれ以上で、新卒人気もそれなりに高いが、その後の昇給・昇格による上昇率は年々低下しているようだ。

voice

初任給は良いが、若手社員の昇給機会が少なく、元々の社員の給料が高いことに不満がある。

voice

ストックオプションなど、通常の収入以外にも株式としての収入を得ることができます(例:ボーナスが出たときに手厚いボーナスがもらえるなど)。

voice

キャリアレベルを上げないと給料はほとんど上がらない。

voice

固定給の昇給は他社よりも悪く、非常に多くの社員が不満を持っています。

voice

ほとんどの社員は入社3年目で昇給しますが、基本給は4年目までは微増しません。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。アストラゼネカはどうでしょうか。

voice

入社時の研修は、半年間の缶詰が多く、肉体的にも精神的にも病んでしまうものが多く、ひどいの一言でした。

voice

社長自らが辞任勧告ともとれる問題発言をするブラック企業。

voice

前述のように相互理解の社風や精神が根付いており、キャリア教育が日常的に行われているからです。

voice

全社的な達成率が悪くても、ボーナスは是正措置を行わずに個別計画の達成率だけである。

voice

やるべきことをやれば定時で帰れるし、直行直帰もできるので、仕事のスケジュールが立てやすかったです。

voice

管理職から駐在員まで、ライフワークバランスの改善や社内の業務負荷軽減を装って、18時以降の支店や別館への出入りを制限しており、業務に深刻な支障をきたしています。

voice

そう思わないと、体を壊して精神的に追い込まれるだけなので、避けた方がいい会社です。

voice

学童が長時間保育を受けられない状況で、時間通りに帰ることはほぼ不可能と判断しました。

voice

出世したいという気持ちがなく、それなりの給料がもらえて、定時で帰りたいという人には最適な職場だと思います。

voice

転職者は、新卒で入社してから年数が経っている場合に比べて、かなり高い年収で内定をもらうことができます。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

ある時は、今までにない倉庫業の仕事を作って、低評価の社員に嫌がらせをしたこともあった。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

休日のメール、日報、時間外の連絡、パワハラ、セクハラなどの問題に疎く、無神経な発言を平気ですることで部下を傷つけている。

voice

上司からのひどい嫌がらせで辞めていく社員が多く、組合がないため、基本的に意見が通らない。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

地方では、上司の偏見、昔ながらの根性論が強く、プライベートはほぼ無理。

voice

品質部門でも管理職の間では社内政治が横行していると聞いています。

voice

外資系企業なので上下関係が厳しくなく、社員全員が平等に意見を言える雰囲気があります。

voice

社内の上下関係は基本的にフラットで、年齢に関係なく和気あいあいとした雰囲気がある印象です。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

上司や支店長の目線にもよるが)都心部で働きたい女性が増え、その希望を聞き入れてくれる人が多すぎて、女性が都心部に群がって一斉に去っていってしまった。

voice

クビにしないということは、クビにしないということですが、退職勧奨はよくあることです。

voice

この会社には自分の活躍の場がないと感じていたので、退職金制度に魅力を感じて応募し、退職しました。

voice

本社のリストラが行われているが、退職勧奨者も異動者も基準が開示されておらず(本人にも伝わっていない)、不信感しかない。

voice

最近では、早期退職などの物理的なリストラも増えてきています)。

voice

入社・退職者が多いので、人の出入りに慣れていて、来るもの拒まず、去るもの追わずの精神で、良く言えば「人の出入り」です。

voice

会社は、毎月の給料の10%以上を退職金として積み立てています。

voice

50歳以上のベテラン社員の早期退職を積極的に奨励しており、AZの若手社員や契約社員で構成されているような状況です。

voice

年を重ねるごとにキャリアパスがなくなり、早期退職の方が得になる制度。

voice

MRにしては年収が低いので退職。

voice

ダイバーシティ制度の下では、女性が昇進しやすくなり、その結果、40歳以上の男性管理職が退職に追い込まれている。

voice

最近では、子育て後や子育て中でも働けるように制度が充実してきていますし、出産を機に仕事を辞めて復職した仲間もいます。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。