ジェイテクトのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに ジェイテクト について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 69件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 大阪府平均 偏差値
平均残業時間(月) 27.7 29.7 50.8
平均給与(万円/年) 516.8 402.8 57.0
有給休暇消化率 69.6 43.5 57.3

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある大阪府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • どちらかというと給与が高い会社のようです。上位30%以内といったところでしょうか 。
  • どちらかというと有給休暇が取りやすい会社のようです。

ジェイテクトに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、ジェイテクトと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。ジェイテクトの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

残業が多い部署では、給与は満足のいくものだと思います。

voice

高卒の給料にしてはかなりのもので、私の中ではトップレベルでした。

voice

年齢給、仕事ができるかできないかに関係なく、ランクによって給与が決まる。

voice

給料やボーナスはかなり良いと思います。

voice

景気が平行して弱いので残業があるときは給料が高いが、それ以外はあまりない。

voice

年功序列のため、仕事ができない人でも年齢を重ねるごとに給料が上がっていきます。

voice

給与は年功序列が強いと感じました。

voice

賃金・時間管理が徹底されており、残業代もしっかり支給されています。

voice

愛知県の同業他社と比べて安いと言われることが多いですが、当社の給料は大手電機メーカー並みです。

目次に戻る

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。ジェイテクトの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

日勤の残業はまだマシでしたが、夜勤の残業は朝8時に退社しなければならないので、通勤ラッシュの中での運転が大変でした。

voice

残業は厳しく管理されており、月80時間を上限としているので、良いと思います。

voice

人員不足、夜勤、休日出勤でプライベートの時間がないような気がしました。

voice

製造部門は2交代制で、残業は土日で3時間程度。

voice

私は高卒で生産ラインの仕事をしているのですが、残業や夜勤などシフト制でないとかなりキツイです。

voice

残業時間の管理が行き届いており、上司は毎日部下の残業時間をチェックしていました。

voice

残業が当たり前、残業が正当化されていると思っている人はまだまだ多い。

voice

現場の人たち、特に20代、30代の若い人たちはとても元気なのですが、長時間の無駄な仕事が日に日に慢性化していて、体調管理が大変です。

voice

残業代もしっかり支給され、就業規則もしっかりしています。

voice

部署によっては残業が多く、休日出勤もあります。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

有給休暇を取得する際には、取得理由を聞かれることはありません。

voice

組合がしっかりしているので、最低でも月に1回は有給休暇を取らないとフォローされてしまいます。

voice

みんなそうだったので、有給休暇を取りにくいという雰囲気はありませんでした。

voice

職場環境は非常に良く、例えば有給休暇も取得できますし、休日出勤があっても上司からは必ず休みを取るように言われています。

voice

お客様相談室は土日出勤ですが、事前に有給休暇を申請すれば1日でも休めます。

voice

部署にもよると思いますが、忙しい部署だと(良い意味で)年休を強制的に取らされるので、それを補わないと仕事に支障が出るので、年休日数を積み上げることしか考えていません。

voice

トヨタグループでは年休取得率が低いので、労働組合には取得率向上のための努力をしてほしい。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。ジェイテクトはどうでしょうか。

voice

メーカーですが、会社への忠誠心が育たない原因の一つは、会社の事務系社員が「どんな製品を作っているのか」ということを理解していない(教育が行き届いていない)ことにあると思います。

voice

ほぼ毎日同じことをしているので、馬車馬のような感覚になり、トラブルがあるとかなりのラインに影響が出てきます。

voice

期間従業員や社員全般であれば、間違いなくブラックではない。

voice

仕事内容はすぐにやるような感じで、職人気質でポンコツな話し方をする人が多く、パワハラで精神的に参っていました。

voice

考える力がないと怒鳴り散らして精神的に参っている人が多すぎる。

voice

馬車のような仕事をさせられているところもあり、改善の余地があると思います。

voice

理由はわかりませんが、正社員や役職者、役員の親戚などを大量に雇っているので、正社員になるにはちょっと厳しいと思います。

voice

それなりの叱責に耐えられる精神力があることが条件です。

voice

勤務時間は完全に時間通りのところもあれば、大変なところもあります。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

入社5年目くらいの普通の人が多いのですが、それ以前はパワハラや責め合いが横行していたので、個人的には性格の違う人が多いなと感じています。

voice

部署にもよりますが、パワハラやセクハラはまだまだあると思います。

voice

コンプライアンス研修、特にセクシャルハラスメントやパワハラに関する研修が毎年全社員に実施されており、匿名で相談できるヘルプラインもあり、女性が働きやすい環境が整っていると思います。

voice

上下関係は強いですが、工場なのでパワハラもあります。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

完成車メーカーに振り回されやすく、その点では理不尽なことも多々ありました。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

良くも悪くも体育会系のクラブで、休日にはよくゴルフトーナメントが開催されていました。

voice

組織ではよくあることで、所属する部署によっては体育会系の縦割り社会で、内部政治もあります。

voice

思った以上に体育会系の社風で、ギャップを感じました。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

休日出勤が多く、上司からの過度な嫌がらせを受けて退職しました。

voice

営業職として入社しましたが、実際には営業職として配属され、今後の可能性がなさそうだったので、退職を決意しました。

voice

当時、社内では新しい分野を扱っていて、すでに退職した他社のエンジニアを招いていたのですが、真面目に仕事をしている若手よりも、彼らのデタラメな意見の方が尊重されていて、かなり迷惑していました。

voice

退職金制度 退職金は勤続年数に応じて増加します。

voice

組合がしっかりしているので、仕事に自信がない人でも定年まで正社員として働くことができます。

voice

海外事業に参加できる会社への転職を視野に入れて退職しました。

目次に戻る

「安全衛生」のクチコミまとめ

各種安全衛生にまつわるクチコミです。有休と同じく、従業員に対する会社の姿勢がわかりやすい項目です。

voice

私は辞めましたが、辞めた理由は、他の工場で労災で重傷を負った人の話を誰かが笑って話していたからです。

voice

職場に怪我をしそうな機械があったので、上司に改善をお願いしたところ、スルーされてしまいました。

voice

いずれにしても、トヨタ関連企業からの天下りが増えているのは、そのような単なる外見だけで評価されているからでしょう。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。