京都銀行のクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 京都銀行 について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 134件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 京都府平均 偏差値
平均残業時間(月) 23.8 30.1 52.4
平均給与(万円/年) 413.6 397.2 51.1
有給休暇消化率 47.3 43.2 51.2

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある京都府のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。京都銀行の残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

私が勤務していた支店では、平日は残業が多く、平日は仕事が終わってから家に帰って家事をして寝るだけの時間しかありませんでした。

voice

残業が多く、土曜日などは勉強会に拘束されることもあります。

voice

ここ数年で残業時間が大幅に減り、体調を整えやすくなりました。

voice

メーカーのように平日に融通を利かせるのは難しいですが、土日出勤はしませんし、残業代をコントロールするために夜遅くまで残業することもありません。

voice

定時で仕事を終えても、支店全体が定時で帰れない雰囲気があり、何もすることがないのに定時まで支店にいなければならず、無意味な残業を強いられています。

voice

サラリーマンが帰宅した時間帯なので、深夜になることが多いです。

voice

残業が多いので、実家が近くにあり恵まれた環境でないと、仕事と育児の両立は難しいと思います。

voice

働き方改革が叫ばれている今、残業したくてもできない。

voice

何度か労基署から指導を受けているようで、以前よりも残業時間のチェックが厳しくなったと聞いています。

voice

働き方改革で残業時間は減ったものの、空き時間に資格取得のための勉強をしなければならないため、プライベートとの両立が難しい状況です。

voice

私が在籍していた頃は、毎日19時頃まで残業するのが当たり前だったのですが、電通の事件があってからは、早く帰れるようになったようです。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

それ以外は、有給休暇は残っていますが、取得するにはあまり良い雰囲気ではなく、体調が悪い時は残りの休暇を使うのが普通で理屈っぽいです。

voice

それ以外は、有給休暇の融通が利く環境ではありません。

voice

土日を含めた9連休を年1回取得できる制度があり、有給休暇制度にも力を入れています。

voice

病気になった時のために有給休暇を確保しておくことになるので、基本的には私用では使えないと思っておいた方がいいでしょう。

voice

最近では土曜日も営業している支店もありますが、基本的には週休2日制です。

voice

病気とかで有給休暇を使ったら、白い目で見られて、一度も休んだことがないとか、意味不明な武勇伝を聞かされる。

voice

有給休暇などは基本的に誰も使わないし、女性やパート以外は病気で休むためだけに陰でいろいろ言われている。

voice

支店にもよると思いますが、休みを取るたびに理由を聞かれるのは良い点ではないと思います。

voice

年に2回、5日と2日の有給休暇の取得が義務付けられており、多くの人が海外旅行に出かけていました。

voice

私が在籍していた頃は、有給休暇が年7日しか取れないのと、21時の退社時間がきつかったので辞めました。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。京都銀行の給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

出世しなければ、ずっと低賃金のままです。

voice

早出や残業があっても、手当が正確に記録されて毎月の給料に反映されるので、給料面での不満はありません。

voice

従業員にお金を渡す前に、取引先との関係や設備投資への資金繰りの関係で、給与の振り込みが遅れてしまうことがあります。

voice

個人的にはボーナスの方が手厚い印象です。

voice

地方銀行の平均的な給料だと感じています。

voice

最初は給料が低く抑えられていますが、会社のトップになるとすぐに上がり、その後は試験に合格して良い評価を受ければ、どんどん収入が上がっていきます。

voice

新人銀行員、2年目のボーナスは他業種に比べて低い。

voice

同じ給料で忙しい支店に当たると不公平感がありますが、運次第だと思います。

voice

役職に就くまでは信じられないほど給料が低いですが、逆に一度役職に就くとかなりの金額がもらえます。

voice

人間関係、仕事量、やりがい、給与などを考慮すると、平均以上の会社だと思います。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。京都銀行はどうでしょうか。

voice

定刻を過ぎると社内の電気が消え、外からは仕事が終わったかのように見える。

voice

営業を全くせず、事務作業だけをして定時で帰っていた人が管理職になったり、ノルマをこなして売上を上げるために頑張っていた人が管理職になれなかったり...。少しずつ変わってきているようですが、私がいた頃はそうでした。

voice

私の支店には、毎日定時で帰宅したり、月に一度は休んで子育てをしている人がいましたが、陰では悪口を言われていました。

voice

京都銀行はブラックとよく言われますが、私自身はあまり実感がありません。

voice

土日は週休2日で休めますし、ブラックと言われるような会社ではないと思います。

voice

女性特有の体調不良があっても休めないし、窓口では代わってくれないので、そういう悩みを持っている人には辛いですよね。

voice

ブラックで悪名高い?でも、従業員は親切だし、気の合う人が支店にいたので問題なかった。

voice

定時後10分は無給ですが、実際には休憩もなく、ただ働くだけです。

voice

関西ではブラック地銀として有名なのでは?と思って入社しました。

voice

ホワイトなのに、仕事が終わっていないのに次の日に繰り越さなければならず、また次の日も次の日も次の日もまた繰り越さなければならないので、逆に大変です。

voice

正社員は定時に帰宅できますが、総合職は19~20時頃まで会社にいました。

目次に戻る

「職場の雰囲気」のクチコミまとめ

社内の雰囲気が悪いととても働きづらいですよね。悪口やいじめの実態について言及されているクチコミの内容を見てみましょう

voice

事務員や窓口の人でさえ、売上ノルマにはうるさいし、営業の人は偉そうに陰口を叩く。

voice

支店長はとても親切で相談にのってくれましたが、女性従業員同士のいじめがあり、我慢できませんでした。

voice

女性が多いので、支店によってはいじめのようなものがあり、体調不良などで入社してすぐに辞めてしまう人も多い。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

パワハラやセクハラに近いことが多い。

voice

支店長の嫌がらせがひどく、営業マンが何人も落ち込んでいた(または落ち込みそうになっていた)、支店の雰囲気が悪かった。

voice

パワハラ防止のため、管理職以上の飲み会の提案は禁止されており、福利厚生にも気を配っています。

目次に戻る

「職場の体質(暴力・恫喝など)」のクチコミまとめ

恫喝・暴力など、ややハードな内容のクチコミについてです。このパートのクチコミはきっちり目を通しておくことをおすすめします。

voice

女性同士の口論や、一見理不尽な上司からの叱責は日常茶飯事。

voice

時代の流れで改善されているのかもしれませんが、私がいた頃は、上司が部下を叱責する時に机を叩いて怒鳴っているのをよく見かけました。

voice

本質的な体質は古いままで、飲み会やゴルフ大会への強制参加が多い。

voice

家賃補助は一切なく、住宅ローンは強制的に自社ローンの実質金利の2倍。

目次に戻る

「職場の体質(精神論など)」のクチコミまとめ

ノルマや精神論などについてのクチコミです。この項目の内容は人によって合う・合わないが明確に出るので、ぜひご一読ください。

voice

支店の規模や支店長によって環境は大きく異なりますが、女性が子育てをしながら仕事を続けるには、かなりの精神力が必要だと思います。

voice

多くの人は、昔の成功を引き寄せ、今でも努力と忍耐でなんとかなると信じている人が多い。

voice

負け惜しみとは言うが、数字を達成するインセンティブが少なく、社内政治の話ばかりしている上司を見ると、このままでいいのかと思ってしまうことがある。

voice

各支店ごとにノルマは大きいが、営業マンと社内スタッフの営業に対する姿勢に差があり、雰囲気の悪い支店が多い。

voice

体育会系なので、毎朝一人一人に丁寧に挨拶をすることが欠かせません。

voice

支店が大きくなればなるほど、ミスは絶対に許されないので、社員同士で引きずって落ち込むようなメンタルを持っていると、毎日が大変なことになります。

voice

年を追うごとに、金融商品やクレジットカードのノルマなどのプレッシャーが襲ってきて、対応に苦労しました。

voice

支店の雰囲気はあると思いますが、ノルマを達成するためには受けない人が多いと思います。

voice

やればやるほど、次のハードルが上がっていくので、毎期ノルマが厳しくなる。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

理由を聞くと、すんなりと理解してくれて、退職の手続きを進めてくれました。

voice

当時は指導が非常に厳しいと感じていましたし、指導された時には大学の精神が少しも抜けていなかったので非常に腹が立ちましたが、それだけでは退職理由にはなりませんし、腹を立てるにはそれなりの理由があったので、退職は考えていませんでしたが、上司の女性に対する行動が今後も変わる気配がないので、退職することにしました。今後も変わらないだろうと思い、退職することにしました。

voice

年が進むにつれ、クレジットカードや金融商品の販売を頼まれることが多くなり、投資信託や保険が全く魅力を感じないことや、商品の半分を理解していない高齢者に販売しなければならないことに嫌気がさし、会社を辞めようかと考えるようになりました。そうしました。

voice

銀行は大量採用、大量解雇の例だったので、5月に退職することにしました。

voice

私が退職した理由は、個人事業では自分の能力や力に限界を感じたからです。

voice

どこの会社でも同じかもしれませんが、人事の問題で退職する前に半年待ってくださいと言われました。

voice

入社してすぐに辞めてしまったので、まさか辞めるとは思っていなかったのですが、「自分には合わないと思ったから辞めた」と伝えるのは勇気がいりました。

voice

退職時には、有給休暇の余剰分を使わせてもらえなかったのがかなり不満でした。

voice

育児休業から復帰した社員が不当な扱いを受けて退職を余儀なくされることがないように、会社全体が一丸となって取り組んでいると思います。

voice

結婚を機に退職される方も多いと思います。

voice

退職後、公務員試験を受験し、現在は公務員として働いていますが、銀行での経験はとても役に立っていると思います。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。