株式会社アレフのクチコミ/評判まとめとブラック度チェック

こんにちは!オンシャの評判編集部です

今回は編集部に寄せられたご意見や、転職クチコミサイトなどの情報をもとに 株式会社アレフ について3分で分かるように簡潔にまとめてみました!

まずは3つの数字チェック

会社を判断する上で3つの大切な数字、平均残業時間・平均年収・有給休暇消化率から見ていきましょう!

オンシャの評判編集部が集計した 8件 の情報を元に集計したところ、以下のようになりました。

項目 回答者平均 北海道平均 偏差値
平均残業時間(月) 22.6 29.4 52.4
平均給与(万円/年) 380.0 357.3 51.9
有給休暇消化率 36.3 42.2 48.4

(給与平均: 回答者平均のため有価証券報告書等と差がある場合があります)

(偏差値: 本社がある北海道のデータで算出)

サマリー

  • 残業は多くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 平均給与は高くもなく少なくもないという会社のようです。
  • 有給休暇取得については良くもなく悪くもないといったところでしょうか

株式会社アレフに似ている会社(β版)

クチコミを解析した結果、株式会社アレフと以下の会社はよく似ている傾向があるようです。

クチコミまとめ

次に「ブラック企業: 12のチェックポイント」を元に会社クチコミでよく言及されている内容をまとめてみました。

「残業」のクチコミまとめ

残業の実態がどうなっているかということを見ると、会社の体質がもっともわかりやすいと言われています。株式会社アレフの残業のクチコミでよく言及されている内容は以下のような感じでした。

voice

よほどのことがない限り、休日出勤はありません。

voice

日中は拘束時間が長く、残業が固定化されているので、これ以上の仕事はある意味サービス残業になってしまいます。

voice

残業代を1時間ほど貰って、それ以外のサービス残業をしていました。

voice

時間は不規則で残業も多いので、結婚するときは先に店を出て働く人が多い。

voice

タイムカードが夜中に自動的に切られてしまい、残業代の基本給がもらえませんでした。

voice

労働時間はまともに報道されているが、闇残業が多く、実態を把握できていない。

voice

仕事は多いですが、残業はあまりないので、休憩時間に事務作業をしなければならないこともあります。

voice

月ごとに労働時間が設定されており、超過した場合は必ず残業代が支給されます。

voice

夜遅くまで営業しているお店もありますが、時間は法律の範囲内です。

voice

ご想像の通り、深夜まで営業しているファミレスで、深夜2時にシフトを終えて翌日の12時からという遅番勤務にもかかわらず、10時半には出勤しなければならないこともある雰囲気でした。

voice

残業代が出ることもありますが、残業が多いと上司から注意されます。

目次に戻る

「給与・ボーナス」のクチコミまとめ

大半の社会人はなんだかんだ給料をもらうために働いていると思います。株式会社アレフの給与・ボーナス関係の現状はどのような感じでしょうか。

voice

ボーナスも十分付いているので、それが魅力でした。

voice

お店の業績に関係なく、年齢に応じた給与として毎年昇給し、ボーナスも手厚く支給されます。

voice

店長以上の給与やボーナスは他の外食企業よりも高い。

voice

当時はアルバイトをしていたので、給料は普通に少し高かったです。

voice

給料が低いと言われていますが、外食産業はそれなりに給料が良いように感じます。

voice

閉店してしばらくしてから閉店することになったのですが、その分の給料はもらえませんでした。

voice

休日出勤もありましたが、残業代も含めてしっかりと補償されていました。

voice

給与面でも定期的に昇給があり、やりがいのある仕事でした。

voice

アルバイトをしていましたが、有給休暇もしっかり取れていましたし、分単位でのお給料なので、無駄な残業は全くありませんでした。

voice

基本給20万円+交通費(上限なし)+扶養手当+残業手当で、入社1年目でも25万円の収入を得ることができました。

voice

評価については、従業員は3ヶ月ごとに業績評価シートを上司に提出し、そのシートをもとに年2回のボーナスに評価額が加算される可能性があります。

voice

フードコートなのでメニューも少なく、仕事も覚えやすく、昇給もあり、とてもやりがいがあります。

voice

もう少し我慢すればよかったのですが、ボーナスになる前に辞めることにしました。

voice

給料は良いが、人間関係が難しい会社です。

目次に戻る

有給休暇が気軽に取得できるかどうかは会社の従業員に対する考え方が分かれるポイントです。特にブラック企業では有休を全く取らせないということもあるので要注意です。

voice

年に2回5連休が取れるシステムがあり、いつでも消化できるところが良かったです。

voice

連休の計画を立てたり、公休を取ったり、残業を減らしたりと、意欲的に実践していますが、管理職になるとそうもいかず、上司との暗夜もあります。

voice

公休に加えて、年2回の長期休暇を有給で取得することができます。

voice

地域によって異なりますが、年に2回の連休が取れますし、上司からも勧められますので、他店に比べて休みが取りやすいかもしれません。

voice

有給休暇は、パートやアルバイトの方でも比較的申請しやすいです。

voice

飲食店なので、土日は忙しいのですが、ローテーションでシフトを組んで休みを取ってもらったり、計画的に年休を取得してもらったりと、外食産業としては珍しい取り組みをしていると思います。

voice

公的な休暇がほとんど使えるので、プライベートを大切にできていると思います。

voice

お店が長期休暇を取れればいいと思うのですが、私の知る限りでは、当日は2回に分けて休みを取っていました。

voice

入社して半年間は、柔軟な休暇、交通費全額支給、有給休暇を取得することができました。

目次に戻る

「働き方」のクチコミまとめ

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、過酷な労働環境のまま令和の時代を迎えている企業も多いです。株式会社アレフはどうでしょうか。

voice

外食産業はブラックな傾向がありますが、福利厚生は充実しています。

voice

お店での仕事は体力勝負でもあり、14時前後の勤務時間もあるので、モチベーションが高く仕事にやりがいを感じていないと、精神的に追い込まれてしまいます。

voice

1年目のほとんどの期間、定時で上がれるのも魅力です。

voice

ピーク時の接客は大変ですが、そこで働く人には何かご褒美が必要なようです(スタッフの育成がしっかりしていないと大変ですが、時給は他の人と同じなので厳しいかもしれません)。

voice

ハードなものは精神的にかなりタフなものになると思います。

目次に戻る

「休職」のクチコミまとめ

休職やうつになる社員が出てしまうのは一定は仕方ないことですが、株式会社アレフではどのような現状でしょうか

voice

ちょっと辛くなったら病院でうつ病と診断してもらえば天国に行けるという、まさにホワイト企業ですね。

目次に戻る

「ハラスメント」のクチコミまとめ

セクハラ・パワハラ・アルハラなど、ハラスメント関係のクチコミについてです。職場の体質にも関わる可能性もあるので、内容を少し見ておきましょう。

voice

明確な基準がないので、上司に好かれている人が出世していくようで、出世のための教育が十分にされていないと感じてパワハラやセクハラを受ける人が多く、その人に対する罰がかなり甘いようです。

目次に戻る

「退職」のクチコミまとめ

退職関係のクチコミです。退職にまつわる理由には会社生活のすべての要素が凝縮されているので必読です!

voice

退職金がないので、定年後が心配です。

voice

アルバイトをしていたのと、別の仕事に就いたので辞めました。

voice

私自身の引っ越しが退職の理由だったのですが、退職の相談にも親身に乗ってくれて、新天地に店舗があれば紹介してくれると言ってくれたのを覚えています。

voice

半年後、改善が見られないまま「もう少し頑張ってくれないか」と退職しました。

voice

本社の方がとても親切に対応してくれて、退職金だけでなく特別ボーナスも支給してくれました。

voice

私がアルバイトをしていた4年間で、4人ほどの従業員が店を辞めていきました。

voice

全体的な離職率は低いと思われますが。

voice

私の場合は、移転先の店長との関係が悪化して辞めざるを得なくなりました。

目次に戻る

いかがだったでしょうか?

内容の真偽や、自分に合う・合わないなどの判断は読者の皆様におまかせしますが、各トピックでどれも悪い内容だとブラック企業の可能性もあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。